DSP を勧める理由=はじめに DSP とは?

0

     

     

    デジタル・シグナル・プロセッサ
    = DSP を勧めるには「理由」(ワケ)があるんです

     

    DSP 機能が装備されたナビオーディオでも良いし
    アドオン(後から装着できる)DSP でも良いんですw


    文才がなく・・・上手く伝わるか心配ですが
    イメージしてくださいw

     

    1話 本ブログ

    2話  タイムアライメント編「出力タイミング調整」

    3話  ネットワーク編「再生周波数帯域ほか調整」

    4話  イコランジング編「イコライジング調整」

    5話  お勧め「DSP」を紹介します

     

    クルマの中で 音楽を聴く場合と
    家の中では
    決定的に違うのが

    ・・・リスニングポジション!

     

     

    ステレオの定義・・・を調べてみた

     

    聴く人の・・・水平方向 前方 左右同じ角度の位置に
    一対のスピーカーを配して
    2チャンネルの音声を再生する
    ・・・と書いてあるw

     

    上の画像が=こんな感じ「左右同じ角度」

    左右のスピーカーの真ん中で・・・ですよね?


    クルマの中では「右」か「左」かに寄ってます

    ここが違うんです

     

    (車両 右シートで聞いてるイメージ)

     

    乗ってるクルマによって
    室内の広さ・高さ・ダッシュボード・シート位置など
    ・・・色々と違ってもいるのです

     

    つまり
    ドアのスピーカー位置も
    ダッシュボード付近のツイーター位置も
    全て・・・スピーカー位置が違うんです

     

    そうなると
    リスニング位置から
    それぞれのスピーカーと距離が違っています

    例えば(右シートの場合)

     

    1番近いのが・・・右ツイーター?

    次は・・・右ウーファー

    そして・・左ツイーター、左ウーファーの順にスピーカーが遠くなっています

     

    すべてのスピーカーと位置関係が違うので・・・距離が違う!

    距離が違うので・・・それぞれのスピーカーの音量も違って感じます


    クルマの中の・・・リスニングポジションは最悪なのです

     

    =スピーカーの設置場所の悪さ&問題が起こるみたいですねぇ?

     

     

    スピーカー製品によって違いがありそうです

     

    メーカーやブランド製品によっても
    音のキャラクターが違うことでしょう?

    スピーカーのスペックを確認しても・・・
    素材を見ても・・・
    作り(形・大きさ)などで
    音が違いそうなことが分かりますw

     

    まして・・・

    一人 一人
    きっと音の好みも違うでしょう

     

    味覚と同じで・・・
    わずかな違いで「好き嫌い」がありそうです

     

    さて
    問題はたくさん 出てきました!

    これらの
    問題を少しでも解決するために

     

    DSP を使い
    悪い環境を改善できれば
    良質なサウンドが得られるでしょうw

     

     

    次からは・・・

    DSP で「何」が できるか?

    どんな「調整」が できるのかを書いていきます

     

     

    神奈川県のカーオーディオ.セキュリティープロショップです!
    add1-sound(アドワンサウンド)ホームページ
    入りやすい気さくなショップ目指しています、ご来店お待ちしておりますw
    〒242-0022 
    神奈川県大和市柳橋5-6-13工場B-4
    046-268-8801
    car-audio@add1-sound.com

     


    DSP を勧める理由=タイムアライメント編

    0


      DSP で・・・「何」ができ、どんな「機能」があるのでしょう?

       


      タイムアライメント調整機能

      各スピーカーの出力タイミング(遅延)を調整できる機能です


      各スピーカーとリスナーとの距離が違います
      イメージ的には
      リスナーに同時に音が届くような・・・感じにしたいのです


      前回のブログでも書いたように
      家でのステレオは好条件ですが・・・

       

       

      クルマになると
      リスニングポジションが偏ってるので悪条件です

       

      なんとなく補足:一般的な環境で音は・・・ 1秒間に 340m進むそうです
       


      こんな風になったら良いなぁと・・・とイメージしてください
      (ステレオで聴いてる感じになります)

       


      クルマの中では・・・スピーカー位置は変えられません

       

       

      それぞれのスピーカーとの距離が違います

       

       

      近いスピーカー(右)を1番遅らせるようにして・・・
      遠いスピーカーと同時に音が届くようにしたいのです

       

      左右ウーファーだけでも・・・こんなに距離が違います


      右スピーカーの出力タイミングを遅らせます
      リスナーに同時に音が届く感じで・・・


      ツイーターについても同じようにしたいのです

      左右のスピーカーだけなら
      これで良いのですが・・・・
      もっと複雑なクルマの中!

       


      このように

      バラバラに設置されているのがクルマのスピーカーです

      左のツイーターと
      左のウーファーも距離が違うので・・・

       

      ここも「出力タイミング」合わせることで
      ・・・
      離れてる左のツイーター と左のウーファー を
      1ツのスピーカーになるようにします

       

      右も同じようにツイーター&ウーファーの
      「出力タイミング」を調整し1ツのスピーカーにするようなイメージ


      左右スピーカーを全体的に合わせると
      なんとなく良い感じのステレオ再生ができてきます

       

      各スピーカーの出力タイミング調整をする機能が
      DSP には備わっています

       

       

       

      神奈川県のカーオーディオ.セキュリティープロショップです!
      add1-sound(アドワンサウンド)ホームページ
      入りやすい気さくなショップ目指しています、ご来店お待ちしておりますw
      〒242-0022 
      神奈川県大和市柳橋5-6-13工場B-4
      046-268-8801
      car-audio@add1-sound.com

       


      DSP を勧める理由=ネットワーク編

      0

         

        DSP で・・・「何」ができ、どんな「機能」があるのでしょう?

         

        ネットワークとは・・・?

         

        ホームスピーカーの多くはL/C ネットワークと呼ばれる
        コイル/コンデンサ/抵抗などから構成されるパーツが・・・エンクロジャーの中にあり

         

         

        このL/C ネットワークを経由して

        高域をツイーターから再生させ

        中低域をウーファーから再生するようにしています

         

         

        カー用スピーカーでも
        L/C ネットワークが同梱されている場合もあります

        アンプの後で「高域・中低域」と分けています


        本ブログでは「大きくイメージ」して理解してくださいw

         

         

        DSP では・・・アンプ前でネットワーク部分を「デジタル」で処理します

        デジタルなので細かい調整が可能/何度でも調整できます

        ・・・
        ピッタリな仮数字を使って進行しますw

         

        ツイーターには高音だけを再生するイメージです

         

        図では・・・
        周波数 3kHz から高域をツイーターから再生させたい場合です

         

         

        その1・・・
        周波数 3kHz から高域を再生させる時の音圧(音量)を変えられます

        近いスピーカーと遠いスピーカーとでは音の大きさが違うからです

         

         

        その2・・・
        周波数を変更できます
        4kHz や 2kHz など好みの周波数に変えられます

        スピーカーによって再生帯域が違うので調整したいのです

         

         

        その3・・・
        ツイーターから高域を再生させる時には

        スパッと 3kHz より低い周波数を遮断せずに

        3kHz 以下の周波数を、どこまで再生させるか?
        ・・・のダラダラ加減を変えることもできます

        (ココの説明難しいのですw)
         

        その2や3は・・・こんな感じで表現してみましょう

         

         

         

        スピーカーによって/設置場所によって/
        ウーファーとの音のつながりによって・・・
        狙った音に調整できそうです

         

        ツイーターから音を再生させるにしても
        周波数を決めたり
        音量を決めたり
        ダラダラ加減を決めたりでますw

         

        ウーファーも同じようにイメージしてくださいw

         

         

        こんなイメージで、どうでしょう?

         

         

          

          

          

         

         

        サブ・ウーファーの場合も同じように調整が可能です!

         


        ダラダラ加減は「スロープ」と言います

        このスロープもDSP 製品によっては選ぶことができる製品もあります

         


        高音/中音/低音を再生する各スピーカーにネットワーク調整するのです

         

        上手く調整できれば低域から高域まで
        スムーズにまとまったサウンドになるのですw

        目標は、こんな感じのサウンドです

         

          

         

        ザックリなイメージの説明になってますが
        詳しくは各自で掘り下げてください!

         

        まずは
        DSP で調整ができる「ネットワーク編」でした

         

         

         

        神奈川県のカーオーディオ.セキュリティープロショップです!
        add1-sound(アドワンサウンド)ホームページ
        入りやすい気さくなショップ目指しています、ご来店お待ちしておりますw
        〒242-0022 
        神奈川県大和市柳橋5-6-13工場B-4
        046-268-8801
        car-audio@add1-sound.com

         


        DSP を勧める理由=イコライジング編

        0

           

          DSP で「何」ができ、どんな「機能」があるのでしょう?


          さらっと「イコライジング調整」と他に気になることを書きます

           


          DSP によって調整機能は違いますが

          左右別々に調整できたりスピーカーごとに調整できます

          イコライジング調整は「最終手段」的な使用をお勧めます
          出力タイミングやネットワークの調整を
          しっかりと頑張ってからの〜最終手段調整にしたいと考えています


          DSP でできる調整機能は主に3ツ


          「出力タイミング」=タイムアライメント調整
          「再生周波数帯域ほか」=ネットワーク調整
          「イコライジング」調整

           

           

          ところで・・・
          アドオン(後付け可能)DSP にはアナログ入力の他に
          デジタル入力ができる製品があります

          今までの DSP はデジタル音源は「CD」が主流だったので
          CD 音源「16bit / 44.1kHz」を処理できればよかったのですが・・・

          ハイレゾ音源の普及に伴い16bit を超える音源 24bit を処理できるかが気になるポイントです


          サンプリング周波数も気になりますw
          44.1kHz / 96kHz(サンプリング周波数)など・・・
          ここも注意したいのです

           

          DSP 内部処理レートも・・・〜bit / 〜kHz の音源を読み込めるのかもチェックしたいところ

           

           

          「出力タイミング/再生周波数帯域他/イコライジングなどの調整の「単位」も気にしましょう


          「出力タイミング」の調整ができても「単位」が大き過ぎると・・・うまく調整できない場合もあるのです

           

          遅延時間ではなく距離換算で例えれば・・・調整幅が「5cm」より「1cm」の方が・・・細かく調整出来ますよねぇ?

          ボリュームも「1dB」より「0.5dB」の方が細かく調整できますw

          スロープも
          Pass , -6dB/oct , -12dB/oct ・・・の3ツから選ぶより
          Pass , -6dB/oct , -12dB/oct , -18dB/oct , -24dB/oct 〜・・・から選べた方が良さそうですw

           

          など・・・調整単位のスペックも気になるのですw

           

           

          DSP の機能を使い「車内の環境の悪さ」を少しでも軽減するためのデバイス

           

           

          DSP 製品の多くは「専用アプリケーション」で調整できます
          PC などに「専用アプリ」をインストールすれば誰でも「調整」できるので面白いですよねぇ?

          目指せ!・・・「マイ・サウンド」です!

           

           

          神奈川県のカーオーディオ.セキュリティープロショップです!
          add1-sound(アドワンサウンド)ホームページ
          入りやすい気さくなショップ目指しています、ご来店お待ちしておりますw
          〒242-0022 
          神奈川県大和市柳橋5-6-13工場B-4
          046-268-8801
          car-audio@add1-sound.com

           


          calendar
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          31      
          << May 2020 >>
          selected entries
          categories
          archives
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM